チームワークがいいところはかけ算になる
東京都大田区西蒲田1-8-11
TEL: 03-6410-3314
ご利用の流れご利用の流れ
知っていただきたい5つのお約束知っていただきたい5つのお約束

こちらは既存の竹垣を撤去し、新たに竹垣を作ります。まずは既存の竹垣を撤去作業です。

その間に文正氏は材料を加工します。丸太を設計通りの寸法でカットし防腐剤で柿渋を塗りました。

唐竹を磨きます。汚れを落とすと竹の緑に磨きがかかって、とても綺麗です。

新たな柱を立てます。今回は径90mm高さ2400mmの焼檜柱を柿渋塗装し使用。土を600mm掘り、柱を3本垂直に立てます。次に焼檜板の柿渋塗装をはめ込みます。柱には溝を掘り、はめ込み胴縁(どうぶち)を取り付けます。 3胴縁で上段を半割りの竹で、中段と下段は丸竹です。

胴縁を取り付けたら立子を垂直に取り付けます。今回は棕櫚縄でかきつけるのではなく、全ての立子を二か所ビス止めしていきます。立て子を取り付け終われば、後は押し縁を取り付け、棕櫚縄でいぼ結びをします。最後に玉縁を取り付けて終了です。

 

竹垣は基本の形がいくつかありますが・・

竹垣は地域や職人により、作り方やデザインが違います。その為、自由にデザインすることが出来、すべてオーダーメイドです。職人のセンスが問われます。自然竹の垣根はホームセンターや各メーカ―が工場で作っている樹脂製の既製品より、味わいがあり、デザインを楽しめます。ブロック塀やコンクリート塀は時間が経つと、汚れる一方で、地震などの災害時には、倒壊の恐れがあり危険です。それに比べ、自然竹の垣根は、時間が経てば味わいが出てきて、朽ちていきます。倒壊して下敷きになっても軽いので、危険性が低いです。ブロック塀やコンクリート塀を作るお金を出すのであれば、竹垣は10年で作り換えても3回くらいは作り換えられるお値段です。
30年で3回新品を楽しめ、3回違うデザインで作ることも可能です。まったくの遮蔽ではなく、竹の曲がりや節を生かした、風通しや陽が少し入る自然竹の垣根、防犯にも健康にも良いですよ。粋な塀で時間の経過も楽しみませんか。

施工エリア:東京23区(大田区・品川区・港区・世田谷区が中心)横浜市・川崎市
事業内容:植木の剪定・お庭のお手入れ・リフォーム・年間管理・造園工事